2019年 9 月 12日

2019年度理事長・学長懇談会 質問・要望書

2019911

 

愛知県立大学教職員組合

 

1 運営費交付金削減停止の要求

  運営費交付金は毎年度、効率化係数1%で削減されているが、法人の努力により人件費が対象外とされたということであった。その点について評価したいが、削減停止が実現されたわけではないので、今年度の見込みについて伺いたい。

 

2 教員の研究環境改善要求

教員が研究にあてられる時間が減少している。一因として考えられるのは次項で指摘する職員の削減であり、さまざまな事務を教員が負担する機会が増えている。教員の研究時間が減少することは本学における研究水準の低下につながり、長期的には本学の魅力を失わせることになるが、このことについて意見を伺いたい。

また、それ以外の要因として、大学行事・イベントや各種委員会業務が純増していることも挙げられる。研究時間をそれまで通り維持するためには、担当する組合員の授業担当コマ数を軽減することが妥当であり、そのための常勤教員あるいは非常勤講師の増員が必要と思われるが、この点についてご意見をうかがいたい。

また、教員の研究の質を向上させるために長期学外研修は不可欠であるが、そのためには非常勤講師予算の確保が必要であると考える。この点についてお考えを伺いたい。

 

3 正規職員増員の要望

  仕事量は増えているのに人員は削減される一方で、職場環境がよくなったとはとうてい言えない。201837日付の通知「管理部門の集中、集約化(平成267月実施)の検証について」で指摘された問題点を整理し改善を図るべきである。その際、根本的な解決のためには正規職員を増加することが必要不可欠であると思われるが、意見を伺いたい。

人員配置についても、職員個々の事情について十分に配慮しているとは考えにくい。たとえば学務課には、妊娠中や育児中の職員が他の部署とくらべて高い比率で配置されている。職員が時短勤務になったり、遅番を担当できなかったりする状況において、当該の部署で処理できる業務量が低下することは予測できる。部署間の負担において著しい格差が生じないような配慮を行っているのかどうか、意見を伺いたい。

 

4 有期契約職員の無期転換、ないし正規職員としての雇用

  現在、本組合には5名の有期契約職員が加入しているが、今年度は無期転換試験や採用試験を要望するものはいない。とはいえ、安定的な職場環境を創出するためにも、本組合は、熟練した職員を無期転換したり、正規職員として優先的に雇用したりする制度の構築が望ましいと考えている。この点について意見を伺いたい。

  また、再任について規定した契約職員就業規則第8条第2項において、特別職・外部資金研究員と一般職の区別を行っていることは理解しがたいため、このことについて説明を求めたい。また、2020年度から公務員のすべての非常勤職員等が会計年度任用職員となるが、この点について法人の方針を伺いたい。

 

5 安定的な労使交渉環境の創出

   教職員の身分にかかわる制度の導入を検討する際に、依然として教職員組合との話し合いが適切に行われておらず、決定後に通告するやり方が継続している。本組合は、教職員組合が検討するために必要な時間的余裕をもって通知するよう求めるとともに、労働条件にかかわる案件について交渉を行うための機会を定期的に設置するよう希望している。また、安定的な関係を建設するためにも、その内容を労働協約として締結することを希望するので、これらについて意見を伺いたい。

 

  学部学科再編について

   従来から本組合は、学部学科再編に関して教授会の審議を尊重して決定することを求め、非民主的な押し付けに反対してきた。昨今、国立大学を中心に文科系学部の統合や縮小などが議論されている。本学の将来像について、こうした学部学科再編に関して得ている情報があれば、ご開示願いたい。

Posted on 9 月 12th, 2019 by spokesman and filed under お知らせ | Comments Off

 

組合規約の改定

2019年7月17日に実施された全組合員投票の結果、組合規約改定案が承認されました。

新しい組合規約についてはこちらをご覧下さい。

ここでは2点のみ、改定された内容を紹介します。

1.愛知県職員組合の組合員

第27条第3項が改定されましたので、愛知県職員組合の組合員は、組合費納入の必要なく、この組合に加入することができます。

ただし、直接出費をともなう福利については辞退していただいています。

加入について詳しくはこちらをご覧下さい。

なお、組合費の納入される場合は、他の組合員と同様に本組合の福利厚生をご利用いただけます。

福利厚生について詳しくはこちらをご覧下さい。

2.休職等期間中の組合費納入免除

休職・休業・長期出張(以下、「休職等」とする。)中の組合員は、組合費の納入が免除されます。

これまで規約が曖昧でしたので、学外研究中の組合員は組合費を納入することとなっていました。

今回の改定により、学外研究は長期出張に含まれることになりましたので、今月から組合費納入は免除されます(6ヶ月間以上の長期出張の場合)。

ただし、手続き上の理由から、組合費は休職等期間中も天引きすることとし、期間終了後に組合から返納することになりました。

組合費返納申請書については後日、届出様式一覧に掲載いたします。

Posted on 8 月 4th, 2019 by spokesman and filed under お知らせ | Comments Off

 

加入案内:守山キャンパス

 6月12日の組合定期大会の決定により、守山キャンパスの教職員も本組合に加入することができるようになりました。

 これまで本組合は長久手キャンパスでの活動を中心としており、長久手キャンパスの組合員が守山キャンパスに異動となった場合には、本組合を一時脱退する形となっておりました。しかし、今回の決定によりそうした曖昧さを無くし、組合員が守山キャンパスに異動する場合にもこれまで通りの活動ができるようにしました。それとともに、守山キャンパスの教職員でもし本組合への加入を希望される方があれば、門戸を閉ざさないことといたしました。これは、従来から本組合規約第3条で「この組合は、愛知県公立大学法人愛知県立大学に勤務するものをもって組織する」としてきたことを、文字通り実行しようとするものです。

 本組合の活動内容について詳しくは左の「活動内容」をご覧ください。たとえば、福利厚生活動として年に数回の親睦会を実施しているほか、宿泊補助・人間ドック補助などがあります。また、教研集会や無料法律相談などもあり、組合員の労働環境の改善に努めております。ただし、教職員組合の主な活動である労使交渉については、守山キャンパスでは事情が異なりますので、以下の点についてご留意ください。

 本組合は長久手キャンパスに所在し、そこで過半数組合として活動を展開してきましたので、労使交渉の蓄積があります。そのため、これまでの労使交渉の結果、組合費の納入にあたってチェックオフ(給料からの天引き)が可能となっております。一方で、本組合は守山キャンパスでの労使交渉の経験がこれまでありませんので、その結果としてチェックオフが利用できません。そのため、守山キャンパスで組合員数が一定の規模に達するまでは、労使交渉の成果としてのチェックオフが利用できないため、組合費の納入は銀行振り込みでお願いすることになります。組合費は、長久手キャンパスの組合員と同様に毎月給料月額の0.6%を納入して頂きます(契約職員は0.3%)。その際、本組合の指定口座に振り込んでいただきますが、下二桁は切り捨てとしたうえで振込手数料はご負担いただくことになります。

 このように、労使交渉・組合費納入においては長久手キャンパスの組合員と当面、状況が異なりますが、その点にご理解いただいた上で本組合への加入を希望される場合は、下記の申込書に記入したうえで、連絡先までメールに添付してお送りください。その際、指定口座をお知らせいたします。なお、数ヶ月単位での振り込みについても検討中ですので、ご希望があればご相談ください。

加入申込書(守山キャンパス)のファイル 加入申込書(守山キャンパス) Word ファイル
メールアドレス 役員メールアドレス

Posted on 6 月 14th, 2019 by spokesman and filed under お知らせ | Comments Off